早稲田大学入学への一つの手段として中学受験対策を勧めました

父親が早稲田大学出身で、研究者をやっていたことから、子供も小さい頃から漠然と早稲田大学に入りたいという気持ちがあったようです。しかし、子供にはどうしたら早稲田大学に入れるのかは分からないので、親がサポートしてあげなくてはと思いました。大学受験を突破するためには、中高からの教育が大切だと考えて、中学受験を子供に勧めました。
受験対策の塾に入るときには、最初にクラス分けテストを受けます。小学校の授業は簡単でいい点数が取れていても、塾のテストはそう簡単ではありません。最初から一番良いクラスに入れたわけではなく、それより1個下のクラスに配属されました。小学校ではできる子として扱われていても、それより上がいたのかと思ったようで、少し落ち込んでいました。しかし、塾の授業が楽しくて通っているうちに自然と受験対策ができてきて、塾の模試で高い点を取ることもありました。受験対策塾からは、早稲田大学付属中高に入るのが良いと教わり、目標にして頑張りました。